ノルアドレナリン不足でEDになる可能性がある?

うつ病になると、ED(勃起障害)になる可能性も高くなります。気持ちが落ち込んで性欲が減退する事も一つの原因ですが、それ以外にもうつ病の治療薬による薬剤性のEDになる事もあります。
うつ病は脳内の神経伝達物質がうまく受け渡されない事で起こりますが、それをサポートして正常な機能に近づけるのが抗うつ剤です。これを使う事で、勃起を起こす伝達回路に影響が及び、EDになってしまう可能性もあります。
神経伝達物質にはセロトニンやノルアドレナリンがあります。この2つが減少すると、やる気や性欲も減退します。
うつ病が性欲減退を招いてEDになっている場合には、心因性のEDです。抗うつ剤が勃起を抑制してしてしまっているならば、薬剤性のEDです。
うつ病の症状が重い場合には、EDよりもうつ病の治療を優先しなければならないので、抗うつ剤の投与が続行される可能性が高いです。
バイアグラはEDに対して高い治療効果を持つ薬です。心因性のEDに対しても効果があると言われ、治療現場でもよく使われています。
やる気の減退がEDの原因になっているならば、脳内ホルモンに異常を来している可能性が疑われます。やる気に深く関わる三大神経伝達物質は、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンです。ドーパミンは快感、ノルアドレナリンは精神活動や意識の活性化、セロトニンは行動抑制に関与しています。これらはバランスを取り合って作用するのが望ましく、どれかが突出して働いていても、健康な状態とは言えません。
まずはバイアグラで成功の感覚をつかみ、気持ちを向上させていくのが心因性のEDには有効です。自分は出来るという感覚を感じることにより、ホルモンの分泌がうまくいく事もあります。