バイアグラは小遣いで買えないほど高い?

バイアグラはED治療薬の中では最安値ですが、健康保険の適用外の薬であり、決して安いものではありません。
1錠1,000円で入手できれば安いほうであり、相場は1,200円~1,500円程度となっています。
1回の性行為のたびに1,000円以上の出費となるので、性行為の回数が増えるほど出費も大きくなってしまうのです。
だからといって、出費を軽減するために性行為の回数を減らす方法も建設的とは言えません。
パートナー同士がやりたいと思ったときに行うのがベストだからです。
お金のことばかり考えていては、今度は別の意味でEDになってしまう可能性もあります。
節約のために性行為の回数を半分に減らすといった対策は、男性・女性の双方にとってよい影響は与えません。

バイアグラを小遣いの範囲で買えるようにするには、一番安く処方してくれるクリニックを探すことが大切です。
保険適用外という性質上、クリニックにより価格に大きな差があるのです。
その差は1.5倍を軽く超えるため、高いクリニックで10錠しか買えない金額で、安いクリニックなら15錠買えてしまうのです。
月のコストで考えても数千円、年間だと数万円の差になるので無視できないものです。

個人輸入代行サイトでは、ジェネリックのバイアグラを販売しています。
こちらは正規品と比較して圧倒的に安く、1錠300円もしないものが多いです。
大量に購入すると安くなる仕組みであり、これなら小遣いの範囲で十分な購入が可能です。
ただし、注意するべき点としてニセモノが販売されている事実があります。
信頼できる個人輸入代行サイトを利用するようにして、毎回購入するサイトは変えないのが基本です。
実際に服用して正規品と同等の効果があると感じられたら、次回も同じサイトから購入すればよいのです。