体脂肪率とEDを治療するバイアグラの関係

体脂肪率とバイアグラの効果には、全く関係がありません。
数値が低い男性にも効果はありますし、反対に高い男性にも、バイアグラは高い効果を発揮します。
ですから、痩せている人に太っている人にも、バイアグラは同じように効果があるのです。
しかし、バイアグラが必要となるEDは、体脂肪率と無関係とは言えません。
EDになる原因は、血管にあります。
血液がドロドロで流れにくいと、興奮をしたときに男性器に送られる血液の流れも悪くなり、勃起をすることができません。
体脂肪率が高い人は、コレステロール値が高く血液もドロドロしているので、EDになる可能性が高くなるのです。
また、コレステロール値が高くメタボリックシンドロームと診断されると、糖尿病などの生活習慣病になる影響があります。
生活習慣病もEDになる原因ですし、糖尿病や動脈硬化の男性は、バイアグラの効果も落ちます。
つまり、体脂肪率が高い男性は数値が低い男性よりも、男性器に悪影響があると考えられるのです。
将来バイアグラが必要になるEDになりたくないなら、数値を下げるように努力しましょう。
脂っこい食事や糖分の多い食事を控え、ビタミンやミネラルを多く摂取する食事に変えていけば、血液はサラサラになり男性器への血流は改善します。
また、ビタミンやミネラルを多く摂取する食事にしておけば、生活習慣病を予防することも可能です。
EDになる原因を減らすことができますし、糖尿病や動脈硬化などの病気とも無縁な、健康的な生活を送ることができます。
年齢とともに男性機能が衰え、バイアグラが必要となるのは仕方ありません。
しかし、食事のバランスに気を付けて生活していれば、EDを予防することができます。