ED改善薬品バイアグラと緑内障の関係

緑内障は眼圧が上昇して、目に障害が起こる病気です。最悪の場合では失明に至ることもある重篤な疾患です。
ED改善薬品バイアグラは血流を改善させる働きがあるので、この緑内障に対してなんらかの影響が出るのではないかと心配されることがあります。
バイアグラを製造している会社の添付文書では、眼圧の上昇が記載されています。しかし、頻度は不明(低頻度)となっています。副作用の報告欄には緑内障を発症したという記述はありません。
バイアグラで眼圧が上昇したというのは、あくまでも動物実験の結果です。人間を対象にした二重盲検法試験でも、有意に眼圧が上昇したということは確認されていません。
ED改善薬品バイアグラは、低頻度で眼圧を上昇させることがあるということです。ただし、その因果関係は明らかにされていませし、おそらく因果関係はないであろうとされています。
結論としては、ED改善薬品は緑内障に対して確実に安全とは言えませんが、薬を服用することで眼圧が上昇して被害を受けるということは稀だということになります。
緑内障患者ではEDを患っている人に対して、禁忌薬になっているわけでもありません。
もしなるべく安全に使いたいというのならば、第三のED改善薬シアリスならば眼圧を上昇させたという報告がありません。なので、医師に相談の上使ってみると良いかもしれません。
緑内障は眼科が担当の診療科になるので、その担当医と相談して、ED改善薬について決めていくと良いでしょう。眼科医に相談するのがためらわれるのならば、ED専門の医療機関も登場しています。男性スタッフのみで対応してくれるところもあるので、患者にとって受診しやすくなっています。